民事調停とは何か


民事調停とは裁判所が行う両者の合意をもってトラブルの解決を図る方法であり、必ずしも法的な手段に縛られるものではないという事を知っておきましょう。売掛金の回収におけるトラブルでどうしても相手が売掛金を支払ってくれないという場合、この民事調停を行う事で双方の実情に合った円満な解決を図る事ができます。売掛金の回収ができないからといって、最初から法的な手段をとってしまうとそれが原因でトラブルがより複雑になったり、余計な手間やコストが増えてしまいます。ですから民事調停を試みる事で相手と話し合い、お互いの実情に合った解決方法を見つけるという事が重要です。

民事調停は簡易裁判所で行われる事が基本で、手続きなどが非公開で行われるため双方にとってあまり他人に知られたくないという場合に非常に便利となります。また民事調停は手続きや申立書の記載方法に関する説明を受ける事ができ、トラブルに合わせた申立書の書き方なども教えて貰う事ができます。民事調停を頻繁にやるという事は普通ありませんから、初めてこういった申し立てをするという方にとっても安心です。

民事調停はトラブルを解決するための手段のひとつであり、双方の合意を持って成立するものです。ですから民事調停を行う事で早期に円満な解決を図る事ができるでしょう。もし売掛金回収におけるトラブルが発生した場合には、民事調停を利用してみてはどうでしょうか。