カテゴリー: 未分類

民事調停の申立方法

民事調停を行うためには、まず最初に申立書と申立手数料、相手方に書類を送るための郵便切手、添付書類など必要な書類を用意する必要があります。申立書は簡易裁判所に定型用紙が備え付けてありますし、裁判所のウェブサイトからも用紙のダウンロードを行う事ができます。また申立手数料は収入印紙で納める必要がありますから、申立をする時には事前に収入印紙を用意しておくようにしましょう。そしてこれらの書類が用意できたら簡易裁判所に直接、または郵送で届けるようにしましょう。どのように書いたら良いのか、必要な書類は何なのかは裁判所ウェブサイトなどから確認できますので、事前に確認して不足のないようにしなくてはいけません。

気を付けておきたいのは、申し立てをする簡易裁判所は原則として相手方の住所地を管轄する簡易裁判所となっており、簡易裁判所の管轄地域は裁判所のウェブサイトで確認する事ができます。簡易裁判所ならどこで良いという訳ではありませんので、申し立てをする時には気を付けておかなくてはいけません。これらの手続きが終わってはじめて、民事調停が始まります。

民事調停は双方の合意を持って成立するものですので、話し合いの結果によっては不成立となる事もあります。不成立となってしまった場合は別途訴訟などをしなくてはいけませんから、民事調停をすれば必ず解決するという訳ではない事を覚えておきましょう。あくまで民事調停は双方の話し合いによって円満な解決を図るという目的で行われますので、ここで絶対に解決できるという訳ではありません。

民事調停のメリット

民事調停のメリットは、双方の話し合いによって解決を図るという方法なのでお互いに納得した結果になりやすいという点がまず挙げられます。訴訟などを起こした場合、どうしても無理矢理な解決となりがちなのでトラブルが解決した後に相手との関係悪化などが起きてしまう心配があります。経営者にとって売掛金の回収ができたとしても、取引先との関係悪化などが起きるとさまざまな問題が起きる事になってしまいますから、民事調停によってお互いに納得のできる解決を図る事ができるというのは大きな魅力となります。

また調停が成立した場合、その合意には訴訟の判決と同じ法的な効力があるという点も大きなメリットと言えるでしょう。民事調停ではなく双方の話し合いによる交渉だけでは、法的な効力がないため相手の任意の履行が期待できない場合があります。合意という結果に法的な効力がある民事調停ならば、相手の任意の履行が期待できますから売掛金回収において頼りになるものとなるでしょう。

さらにもうひとつ大きなメリットとして、解決までに要する時間が短く申し立ての手数料なども訴訟に比べてやすいのでコスト面でも得をするという点が挙げられます。特に経営者である方にとっては時間やコストがかかる訴訟をしていると、その他のトラブルに対処できないなどさまざまな問題が考えられますので、早期に解決しやすくコストも安いという民事調停は売掛金回収の問題解決にとって非常に魅力のあるものではないでしょうか。

民事調停とは何か

民事調停とは裁判所が行う両者の合意をもってトラブルの解決を図る方法であり、必ずしも法的な手段に縛られるものではないという事を知っておきましょう。売掛金の回収におけるトラブルでどうしても相手が売掛金を支払ってくれないという場合、この民事調停を行う事で双方の実情に合った円満な解決を図る事ができます。売掛金の回収ができないからといって、最初から法的な手段をとってしまうとそれが原因でトラブルがより複雑になったり、余計な手間やコストが増えてしまいます。ですから民事調停を試みる事で相手と話し合い、お互いの実情に合った解決方法を見つけるという事が重要です。

民事調停は簡易裁判所で行われる事が基本で、手続きなどが非公開で行われるため双方にとってあまり他人に知られたくないという場合に非常に便利となります。また民事調停は手続きや申立書の記載方法に関する説明を受ける事ができ、トラブルに合わせた申立書の書き方なども教えて貰う事ができます。民事調停を頻繁にやるという事は普通ありませんから、初めてこういった申し立てをするという方にとっても安心です。

民事調停はトラブルを解決するための手段のひとつであり、双方の合意を持って成立するものです。ですから民事調停を行う事で早期に円満な解決を図る事ができるでしょう。もし売掛金回収におけるトラブルが発生した場合には、民事調停を利用してみてはどうでしょうか。

民事調停で売掛金回収

売掛金はツケのようなもので、スムーズに回収をできないと経営者にとっては最悪の場合は売掛金の回収ができないという事態にもなりかねません。そういった事にならないよう、スムーズな回収を行うために交渉をして回収を行えれば問題はありませんが、どうしても債務者が支払いをしてくれないとなった場合には、民事調停によって回収をするという方法を取る必要がありますが、これはいったいどのような方法なのでしょうか。売掛金回収のために民事調停という手段はどう関わってくるのか、民事調停をすることのメリットやデメリットはどのようなものなのかを知っておきましょう。

売掛金の回収をする上で、どうしても相手が支払ってくれないという事があります。相手の事情にもよりますが、中には開き直ってわざと支払いを滞らせる場合もあり、そうなってしまうと経営者としては大きな問題となってしまいます。そういった売掛金回収の手段として民事調停という方法がある事を知っておきましょう。しかし、民事調停とはどういったものなのか、どのような事を目的として行われるのかを知っておかないと、実際に売掛金回収でのトラブルがあった時に、民事調停を利用するという事を選べない事もあります。

当サイトでは民事調停による売掛金回収とはどのようなものなのか、そのメリットやデメリット、行うための手順などを簡単に解説していきます。売掛金回収をスムーズに行えるかどうかは経営者にとって大きな問題となりますから、それに関するさまざまな知識を知っておくといざという時に重宝するでしょう。