民事調停のメリット


民事調停のメリットは、双方の話し合いによって解決を図るという方法なのでお互いに納得した結果になりやすいという点がまず挙げられます。訴訟などを起こした場合、どうしても無理矢理な解決となりがちなのでトラブルが解決した後に相手との関係悪化などが起きてしまう心配があります。経営者にとって売掛金の回収ができたとしても、取引先との関係悪化などが起きるとさまざまな問題が起きる事になってしまいますから、民事調停によってお互いに納得のできる解決を図る事ができるというのは大きな魅力となります。

また調停が成立した場合、その合意には訴訟の判決と同じ法的な効力があるという点も大きなメリットと言えるでしょう。民事調停ではなく双方の話し合いによる交渉だけでは、法的な効力がないため相手の任意の履行が期待できない場合があります。合意という結果に法的な効力がある民事調停ならば、相手の任意の履行が期待できますから売掛金回収において頼りになるものとなるでしょう。

さらにもうひとつ大きなメリットとして、解決までに要する時間が短く申し立ての手数料なども訴訟に比べてやすいのでコスト面でも得をするという点が挙げられます。特に経営者である方にとっては時間やコストがかかる訴訟をしていると、その他のトラブルに対処できないなどさまざまな問題が考えられますので、早期に解決しやすくコストも安いという民事調停は売掛金回収の問題解決にとって非常に魅力のあるものではないでしょうか。